中村一也さんのガラスの器

c0215933_1359525.jpg

店主です。本日は三重県で「でく工房」を主催されている、中村一也さんんからガラスの器が久しぶりに入荷しましたのでご紹介。普段使いできるガラスを意識された器は、伊勢のサイダー瓶を原料に作られており、ぽってりとした厚みがあり、温かみを持った柔らかい雰囲気が製品全体を覆っています。

では早速ご紹介。

c0215933_1359858.jpg

浅めで径が広く使いやすい形状のモール平ボウルは2サイズございます。小ぶりで普段使いしやすい(小)サイズと、サラダや麺類などにもお使いいただける大きめサイズの(中)。ゆらぎのあるモールが素敵で、とても雰囲気があります。

c0215933_13591193.jpg

こちらは少し深さのあるデザートボウル。モールが強くしっかりと入ったデザインで、モールの流れが一つ一つ異なり、不規則に流れています。使いやすいサイズで様々なお料理に使っていただけますよ。

c0215933_1359154.jpg

ガラスでは珍しい豆皿。ぽってりと柔らかい風合いで、平らではなく少し窪んだ形状にモールが入っています。

c0215933_13591964.jpg

小ぶりなグラスも2種類入荷しました。左の「しのぎコップ(小)」はコップという響きがピッタリな懐かしいデザイン。のモールの強さががポイントで、8~9分目で130mlくらいの容量です。
右の「清流グラス」はナナメのモールがレトロなデザインで、9分目で180mlくらいの、普段使いに丁度いいサイズです。

オンラインショップはこちら→
Instagramでも新入荷アイテムを紹介しています→
[PR]
by NORTHWEST-SELECT | 2017-12-02 14:14 | その他の作家の器